FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ふかかち

ゲームミュージックについて語ります


ゲームミュージックって、ちょっと特殊なジャンルだと思ってます
クラシックっぽいとかプログレっぽいとか、もちろんそういうジャンル分けもできますが、それとは違う意味で特殊だなーって


音楽につく付加価値が大きいことです!
と思ってます
ふかかちというのは私が勝手に使ってる言葉なので、説明します!


音楽には付加価値がつくんです(キリッ


店頭に並ぶような最近のCDを発売する際には、PV(プロモーションビデオ)と呼ばれる映像作品が作られます
PVが美しければ、面白ければ、あるいは曲によく合ってるだけでも、さらに良い音楽のように聴こえ、結果的にCDの売上が増えます
PVが音楽に価値を付け加えてるんです


他の例だと、昔流行った音楽を聴いたとき懐かしい青春時代を思い出して感傷に浸れますよね
その頃の音楽が特別良く思えたりします
これも記憶が音楽に価値を上乗せしてるんです


映画で感動のラストを迎えた後のエンディング曲とか~(私世代だとタイタニックやアルマゲドンなどが定番・・・)
ついつい二度泣きしちゃいますよね?w
もし映画を見る前に曲だけ聴いてたら、泣かなかったかもしれないですよねー
でも映画を見た後だと、曲聴いただけなのに思いだし泣きすることありますよねT∀T
その差が、付加価値じゃないかなって思うんです 


その「付加価値」がとりわけ効果を発揮する音楽ジャンル
例に挙げた映画音楽よりもさらに強力な可能性を秘めているジャンル・・・
それがゲームミュージックなんですよー


長くなったので一旦切りましょう
私が大好きなこの曲ともにお別れです
また次回


ICO エンディングテーマ You were there


あ、私はこのゲームやったことないから付加価値0なんですけどね(笑)
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしはやったことないドラクエの音楽を、ゲームやった人より聴きまくっていて・・・
「いつかやりたいな~」って音楽だけで我慢していたよ~

 

ゲーム音楽の中には、付加価値関係なく、普通にいい音楽も多いですもんねー
みるさんはそうやってドラクエにあこがれてて、後にプレイして夢を叶えたわけですね!イイハナシダー

No title

ICOは販促!じゃなくて反則!!

私にとっての付加価値・・・その曲自体ではなくどんな状況で聞いたか・・・
いい曲だなーっていうのは絶対条件として
その時の状況、心情、タイミング
この曲はイイ!ではなく
この曲はあの時に~みたいな?

曲の付加価値ではなく私が付加したモノになったな・・・w


辛い思い出が多いけれども、どれも大事な思い出だよね

ICOのYou were thereはいつかゲームの中でも聴いてみたいです・∀・

制作側だけじゃなく、聴く側一人一人が自分だけの思い出を付加することで曲はより良く、より大切なものになっていくんでしょうね~ イイハナシダー
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。