FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

やおい迷惑営業

山なし オチなし 意味はある
このムカつく営業の様を衆目に晒す為さ







 故(電話が鳴っている・・・見覚えのある番号だ)



 故「はい、もしもし」
営業「もしもし、故さんのお電話でしょうか」
 故「はい」
営業「こちらxxxという者ですが」←聞き取れない
 故「はい?」
営業「日本xxxードという者ですが」←社名をごにょごにょと
 故「はぁ」(またこいつか)
営業「節税対策についてですねお電話差し上げry」
 故「はー」



営業「今ご在宅でしょうか」
 故「いや、職場に居るんですが」
営業「あ、そうでしたか。ではいつ頃がご都合よろしいでしょうか」
 故「んー、というか、もうこの電話にかけて欲しくないのですが」



営業「はあ、以前お電話しまして、その時説明させて頂いたと思うのですが、それだけでは具体的な節税対策について分かってないと思うんです、だからこうしてry」

 故(話聞けよ)
 故「いえ、あのですね。この携帯は職場の業務連絡に使ってるんですよ。だから、かけてこられると業務に差し支えるわけです」
営業「はあ、しかしですね、直接ご覧にならないと分からない資料もあるんです。なので、ご都合のよろしい日取りを決めてですねry」



 故「いや、こちらも忙しい身なんで、時間がもったいないんですよ。何か私に伝えたいことがあるんでしたら、職場の事務を通して欲しいんですが」

営業「じゃあ△△△(職場名)に今から電話かけたら、出てくれるんですね?」←語調を強めて
 故(知性も品性もないな)



 故「いやそういう意味じゃなくて、私に見せたい資料があるなら事務を介してほしいんです。よそからの資料はそうして私の手元に届いていて、うちの職場ではそういう習慣になってますんで」

営業「これは実名や給料明細などプライバシーに関わる内容だから表に出せない資料ですよ。第三者を経由して手渡すことはできません」←営業らしからぬ尊大な口調で



 故「じゃあそういう個人情報以外の資料を、事務を介して送ってください。まずはそれからです」
営業「そういう情報を除いた資料は、つぎはぎになります。あなたが見ても意味不明な内容になりますよ?」←なぜか高飛車な態度で
 故「あぁ、意味不明な資料ならいらないです(苦笑)」
営業「・・・
   ガチャッ
   ツーツーツー」




 故(切れた・・・・・・)
 故(相手が黙って電話を切るのは初めてだ。打つ手がなくなったのか?)
 故(しかし何だか釈然としない・・・)
 故(勝手にかけておいて一方的に切られるのはイライラするな・・・)



~数時間後~


 故(ブログに書こう・・・)







といういきさつだったのさ! 
まさに山もオチもなく、見所は営業の態度の悪さと私の心の声の黒さくらいですかね!



ちなみに先ほどの会話は、節税対策という名目で不人気マンションを購入させることで悪名高い不動産業者からの迷惑電話です。営業する相手を間違ってないか。



節税なんてどうでもいい話ですよ。だぶついた金じゃ幸福は買えない。
そもそも国が決めた税金なんだから、決まった額をきっちり払えばいいだけじゃん?って思う。節税する意思が私にない以上、あれこれ説かれても時間の無駄。まだ社会人一年目だから節税だの不動産だのを気にするような身分でもないし。第一、そんな風に金に執着してる人ほど、不動産会社にとってはいいカモになるわけでしょう。金儲けに走った結果、却って金を不当に搾取される。それって悲しいよね。







悲しいといえば、営業マン。
あの営業マンには分からなかったんだろうか?



最初に電話がかかってきたとき

営業「あなたは節税対策のことを何も知らないでしょう。だから教えて差し上げます」
 故「はあ、せつぜいたいさく ですか(・o・)キョトン 
   たしかによくしりませんが、きょうみもないんですよね(^^;)アセアセ」


そんな棒読みとは裏腹に、

「あなたの言いたい事は大体分かってるよ。大体分かった上で、興味ないと思っているんだよ」
心中でそう呟いていたことを。



営業マンとの会話は本当につまらなくて、相手の応対が大体読めちゃうんですよね。
下衆で品のない態度も想定の範囲内。興奮させないように、のらりくらりかわしながら論理的に追い詰めていくのがグッド。
今回、まだこちらがチェックメイトもしてないのに、いきなり電話切られたのだけは意外でしたが。自分のペースに持ち込めなかった腹いせ? それにしたって何て中途半端なタイミング。あの時点で初めて敗勢or脈ナシを感じ取ったのだとしたら、それはそれで鈍いと言わざるをえませんね・・・。
手の内が読まれてることくらい、もっと早目に気付こうよ、お兄さん。こっちが悲しくなってくるよ。







まあ今回はイライラさせられましたが、おかげである程度論理構築できたので、次に同じ会社からかかってきた時は楽そうです。

営業「(前略)節税対策についt」
 故「以前の電話でお伝えした通り、営業したいなら資料を揃えてうちの職場の事務を通してください。この電話にはかけないでください」
ピッ!ツーツーツー。
ポチポチポチ・・・(着信拒否設定)

これでいこう。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。