FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

特技とは

来年度から社会人。
必要に迫られて履歴書を書きました。
履歴書には「趣味・特技」という欄があります。
趣味と特技はどう違うのでしょうか?



たとえば私は、ピアノを弾くのがだっっい好きです。
好きな音楽をただ聴くだけでは満足できず、それを自分の手で表現したいという欲求が人一倍強いのです。
しかし独学で練習しているため、とても下手です。
楽譜を読む速さと英文を読む速さが同じくらいだし(※どちらも遅いという意味)、ペダルの踏み方も分からないし、ミスは多いしノイズは多いしリズムはすぐ狂うしetc
なので私は、ピアノの演奏が特技です、だなんて口が裂けても言えません。
ピアノの演奏が趣味です、となら言えるかもしれませんが・・・
「ピアノが趣味なら何か弾いてみてよ」と言われてしまうと正直困りますよね。
「私はピアノが趣味ですが、下手過ぎますので他人様に聞かせられる代物ではありません」のように、あらかじめ予防線を張っておかなければなりません。ああ面倒くさい。


趣味より特技の方が優れているのは分かりますが、では特技の線引きはどこになるのでしょうか。
「小さい頃にピアノを3年間習っていた」人は、ピアノが特技だと言えるのでしょうか?
5年なら?10年なら?あるいはコンクール入賞歴の有無が関わってくるのでしょうか?
その答えは、おそらく人によって様々だと思われます。
誰もが納得できる線引きは存在しないのでしょうか。



で、とりあえず考えてみました。
あらゆるジャンルに通用する特技の線引き、それは・・・
全国民(or全人類)を対象に、各ジャンルごとにランク付けして、それぞれ上位○パーセントって基準で線を引けばいいんですよ。
分かりやすく100人の村で考えます。ジャンルはピアノ。
この100人を、公正な審判の立ち会いの元、ピアノが上手い順に順位をつけるのです。
上位にはピアノ経験者が固まるでしょうし、1位争いをしているのは本業のピアニストかもしれない。
とにかくランク付けしてやって、たとえば上位20人はピアノが特技だと名乗れることにするのです。
ピアノの先生だろうが一般人だろうが、とにかく20位以内に入ればOK。簡単明瞭ですね。

ピアノと小人

もちろんこの案にはいくつか問題点があります。
全人口を対象にする順位付けは全然現実的じゃないということ。
真に公正な審判なんて全然現実的じゃないということ。
順位が上なら優れているという単純すぎるルールに対し、当然起こる批判。
そして特に気になるのは、
線引きを上位何%にすればいいのよ?って話。

適当ぴあの


仮に上位50%なら? 先ほどの例だと、100人中50人、つまり2人に1人はピアノが特技ということになります。これは少し甘すぎますよね。50位ぎりぎりのラインの人は、もしかしたら猫踏んじゃったくらいしか弾けないかもしれないですし。
そもそもすべてのジャンルの基準をそんなに甘くしてしまうと、1人がいくつも特技を持ってしまうということが予想されます。ちょっと運動神経が良いだけでスポーツ部門総なめとかね。うらやまけしからんですね。履歴書の欄に入りきりませんって。

スポ


特技は特筆すべき技でなくてはならないのです。であるからには、基準は相当厳しくしておいて損はないでしょう。
少なくとも5%以下。5%でも甘い方だと思います。
わが国を代表するスポーツ、競技柔道をやっている人は全国で600人に1人しか居ないらしいですよ? 
わが国のピアノ人口はその10倍居て、60人に1人らしい。大体2%ってところですかね。
別に私がピアノ好きだからというわけではないですが、2%は特技の基準としては妥当な数値かなーと思います。

2%

全国民の、全人類の2%に入る。
なんて非現実的な妄想――と思ってるそこのあなた! ダメダメそこで諦めちゃダメ!
自分に向いているジャンルに本気で打ち込めば、2%なんてすぐですよ!
あるいは内に秘められた才能を開花させることができたなら――





2012年8月27日 7:19

MENSA 入会テスト 結果通知‏


○○○○○○ 様

MENSA入会テストを受けていただきありがとうございました。

テストを審査した結果、あなたはメンサ入会資格である人類の上位2%以内で
ある事を示していました。
ようこそメンサの世界へ、あなたはメンサに入会する資格があります。






おしまい
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。